企業法務と法律

法律…またはそれに準ずる事項は、企業がその会社を持続させ繁栄させるためには欠かせない要素であると言えます。法律に則って取引などを行わなければ、様々な問題が発生しかねません。ですから、企業の中に法的な処理を専門とする部署が必要になることがあります。それが『法務部』という役割です。会社の中には特定の業務を専門とする部署が数多くあり、部署によって職種が異なることもあります。大きな組織となると、その部署はより数多くなります。その中で『法務部』の役割とは、やはり会社そのものの取引やそれに準ずる、法律に関する業務―それらを一括して行います。

法務部、と言うからこそ、法律に詳しい、それを専門とする人材が必要とされています。ですから、ごく一般の内容でその会社に就職した人がすぐに法務部に就くことはまずありません。法律に関する専門的な知識が必要であるということは、それまでの学位などで法律を勉強していなければなりませんし、それに準じた経験を持っている必要があります。

『法務部』は特定の部署を指す言葉ですが、『企業法務』は法務部が行っている仕事の内容、と言えます。企業法務には様々な仕事があり、それらは問題解決だけでなく、特定の問題を未然に防ぐような対応が求められることから、その業務を行う形に、ある程度一定のプロセスが求められます。法務「課」という形よりも、法務『部』としての形が多くなってきた背景には、この部門の重要さが現れています。