法的な立場とは

会社においてそのような法的な仕事を受ける立場にある人、そういった人が必要なのは、一つの企業が行っている業務上の様々な取引、それも対外的な関係において様々な問題が発生する可能性があるからですが、もちろんそれだけではありません。法律問題に関して会社(社長)に助言出来る立場でもあります。こういった点が行えるのは、法務部ならでは、と言えます。会社に起きえるトラブルは、その種類から言っても計り知れません。と言うよりも、必ず起きるような問題に対応するのではなく、とりわけニッチな対応が求められることもあります。

法務部が行っている業務のうちに、『臨床法務』があります。例えば取引先との、取引上のトラブル等があった際、またそれ以外の理由で今後取引が難しくなった際、その問題が『発生してから』そのトラブルを解決しようと動くことが、臨床法務であると言えます。例えば取引先や顧客から、債務(債権)を回収しなければならない場合、裁判に発展させなければならない事例も発生しますから、そういった問題は弁護士を通して解決に当たることになります。

その『臨床法務』に対して、事前にトラブル対処をしておく業務が、『予防法務』という業務です。