戦略法務の重要性

もう一つ、法務として行う業務が『戦略法務』です。例えば、ある取引先とトラブルが発生した際、それらのトラブルが原因となって、会社の損失となる場合があります。トラブルは時にそのような金銭的な損失を生み出すことがありますので、ぜひともそれは避けたい、ということがあります。大きな損失を生み出す前にも、できればそもそもそういったトラブルを避けたい、と思います。そこで、そういった体制を事前に整えておくことによって、そもそもトラブルが起きずに、損失となる可能性もなくなるように、することが戦略法務には含まれます。

会社に顧問弁護士がいる場合、こういった『先を読んだ準備』を行うよう薦められる場合があります。実際にトラブルが発生してから対応する臨床法務も必要ですが、そのトラブルが起きないようにあらかじめ杭を打っておく、戦略法務が必要であることも理解出来ます。

当然ながら、その体制を築くためにも費用が必要となります。その点において、無駄が発生するのでは、と思われることもあるかもしれませんが、もし、トラブルが発生してそれ以上の損失が起こってしまったなら、きっとそうは言っていられません。病気に対するワクチンのような、そのような働きが必要なのです。